ビバ!下関。楽園のような街で風俗を

山口県は萩市出身の僕。

山口県人の多くは、東京志向が強く、僕の年代もその例外ではなく、東京に出てきている人間が同級生で約半分。

この確率は地方都市としては、結構多いんじゃないかと思う。

(もちろん、狭いわが高校出身者というシバリの中なんだけどね)で、その僕が幼少、そして青春時代と忌み嫌っていたのが下関。(笑)

だってさ、柄の悪いヤツが多いんだもん。

広島県人とこの下関人は、普通の会話がすでに喧嘩調という認識が常にあった。

とにかく会話だけで怖い。

だから下関にもあんまり行ったことがなかったんですよ、実は山口県人のくせに。

ところが東京で就職して、最近は福岡に出張に行くことが多くなり、その勢いで下関とか北九州に行くことが多くなって・・・・行ってみたら非常にいい街だっていまさらながら発見してます。

食べ物も料理も美味しいし、日本海側の萩と比べたら、下関は非常に明るくエネルギッシュ。

そんなイメージ。

その上、風俗も発展しているのがいい!

今どき、ソープランドがしっかり残っているという地方都市も珍しいですからね。

下関はそんなソープがまだ4軒ほど残っています。

それもなかなかいい店が。

安く済ませる風俗の代表・ファッションヘルスやピンサロもまだあるし、もちろん今や隆盛を極めるデリヘルもいっぱい。

下関の風俗店一覧を見て、品定めするのもなかなか乙だよね。

風俗が大好きな僕にとっては、天国のような街だったんです、下関は。

というわけで、ここでは風俗を中心にいろんなおもしろ話をしたいと思っています。

ビバ!下関!